仙人堂

  • 宿泊予約
  • facebook

農家民宿月のもり


BLOG

2013年1月3日

薪運び

クリスマスから、ずーっと雪が続いています。
年末の30日は土砂降りの雨でした。
今日も朝は雪が降っていたけれど、午前中のうちに晴れた!
お日様、久し振り!!
午後からストーブとウッドボイラー用の薪を軒下から運びました。
ガレージの裏に積んである薪はボイラー用。
雪かきでできた雪の山と、ガレージの屋根から落ちた雪で、
薪が雪に埋もれそう。
明日以降、また雪が続く予報だから、
ここの薪を運んでしまわないと、折角乾いた薪なのに、
雪が溶ける3月頃まで雪の下になって使えなくなっちゃう。
赤松と唐松が主だから、火力が上がり、ボイラーにはうってつけ。
せっせとボイラーの周辺に運びました。
 
ストーブ用には広葉樹と針葉樹、色々取り混ぜて運び込みます。
一般的に針葉樹は火力が上がるけど、火持が悪いと言われ、
広葉樹は火持が良いけど、火力が上がらないと言われています。
どちらにも、メリット、デメリットがあるので、
使い分けています。
 
私の経験上、薪を室内に運び込むのは、晴れた日に限ります。
雪や雨が降っている時、その直後は、薪が湿気を吸っていて、
燃えにくく、また火力が落ちるように思います。
うんと気温が下がっている時に運び込むと、
薪が冷たくて、運び込んだ室内まで冷気が漂うようになってしまいますし、
燃え方も鈍いように思います。
なので雪の予報が出たら、晴れた日は、
正月だろうが何だろうが、運び込んでおかないと、
後で寒さに泣く事になってしまいます。
 
今日は猫のランギが薪運びをしている私と<追いかけっこ>や<かくれんぼ>をするように
一緒に遊んでくれたので、楽しく作業を進める事ができました。
 
只今の時刻は19時50分。外の気温は-6℃を表示しています。
今日運び込んだ薪をストーブに入れていますが、
奇麗に燃えています。
明日の朝はかなり寒そうだから
太めの薪を入れて寝よう。
 
地元の木が燃料になり、灰が畑の肥やしになる薪ストーブ。
寒い地方の田舎暮らしには、良い物です、本当に。

2013年1月2日

お餅

今年はお餅が7種類もある。
愛媛から送られて来た、丸くて白いお餅と、<つぶら餅>というお米の粒が入った白い物と、<よもぎ餅>。
熊本から送られて来た丸くて白いお餅と、<餅とうきび>のお餅。<餅とうきび>とは、紫のもちもちした<とうもろこし>なのだそうです。
そして伊那市(長野)の友人に作って貰っている白い四角いお餅と、玄米のお餅。
元旦のお雑煮から食べ比べをしています。
私は<餅とうきび>と、玄米のお餅が好きかな~。
お餅の中に米粒が入っている<つぶら餅>はどんな理由から作られるようになったのだろう。
<とうもろこし>をお餅に入れるようになった理由も気になる。
関東や信州は四角いお餅だけど、関西や四国、九州は丸いのも面白い。
1年のスタートに食べるお餅。
今年も大地の恵みに感謝できるようにしたい。
自分で育んだ命をいただきたい。
そんなことを願う、お餅達と迎えた新年でした。

あけましておめでとうございます。
ブログを再びスタートすることになりました。
田舎の暮らしを少しずつお伝えしていこうと思いますので、宜しくお願いいたします。
 
新年は雪でスタートしました。
積もるようなことは無さそうですが、大晦日も雪で、
雪が多い冬になりそうな予感です。
 
昨日から友人夫婦がいらして下さっています。
ご主人が愛媛で、奥様が熊本のご出身。
しかも、お二人ともご実家が農家さんなので、ふるさとの恵みを沢山持参して下さいました。
愛媛も熊本も丸いお餅。
私が用意した伊那の友人ご夫婦が作って下さったお餅も入れると、
お餅だけで7種類!
なんて素敵。
里芋やサツマイモ、みかんに大根、他にも色々。
大晦日の昨夜は、年越し蕎麦ならぬ、
ご主人がこねて、踏んで、打って下さった手打ちうどん!
美味しかった~。
 
今日は午前中、持参して下さった<ONE PECE 冬に咲く、奇跡の桜>のDVD鑑賞。
良い年した大人3人、涙でうるうる…..。
映画の中で
「海に出ればオマエの悩み何かこんなに小さい事がわかる」
っていう台詞を始め、1年のスタートにふさわしい応援メッセージを沢山貰い
1年を気持ちよくスタートさせることができました。
明日の夕方まで充電。まだまだ遊ぶぞ~~。

1 51 52 53 54 55
Copyright(C)2016 Tsukinomori All Rights Rezerved.