月のもり

  • お問い合わせ
  • facebook

月のもり


BLOG

2022年6月11日

猿!!

今朝、目覚ましが鳴った時、雨が降っていたんだ。
雨が降ってると起きれないのは、いつものこと。
2度寝から目覚めたのは、猿の声。
どこで鳴いているのかと思ったら、
家の裏の桑の木に猿がたわわに実っている!?
いや、違う!
色づき始めた桑の実を食べてる!
慌てて駆逐用煙火(花火)を用意し、
音を立てないようにウッドデッキに出てマッチをする。
桑の実を貪り食らいつく猿の背中目掛けて
花火を打つと、猿たちが大慌てで逃げ回る。

炊き立てのご飯を鶏舎に届けようと歩いていたら、
道沿いの畑がみるも無残な光景になっている。
畑のジャガイモやネギが食い散らかっている!
鶏舎のある畑は、今年ジャガイモを植えてあるのだが
目を疑う光景が広がっていた。







今月の終わりから収穫できる予定だったのに。
今から何をするのが正解なのかもわからない。
ショックで言葉が見つからない。

とりあえず、やれることはやった。
味をしめた猿は、またやって来るだろう。
月のもりの顔野菜、ジャガイモ。
無事収穫できるよう、パトロールを強化しなくては。

4月になりました。
本当は1年前にやるべき作業だったのですが、
放ったらかしにしてあった
HPのリニューアル。
webデザイナーのしのぶちゃんに泣いてもらいながら
やっと、やっと、です。
どこが変わったのか、わかるかな〜。

どうぞ今後とも月のもりを宜しくお願いいたします。

2022年3月11日

北横岳

先日、八ヶ岳の北横岳に登って来ました。
念願の雪山です。
最高気温も氷点下ですが、
思ったより暖かで風も無く、
最高の雪山登山になりました。











2022年2月20日

今朝の写真

3年ぶりに雪に恵まれた冬です。
田んぼの為にも、キノコの為にも、
しっかり降って下さい。







お昼からは屋根の雪下ろしも。



これは玄関の屋根の上で、写っているのは2階なんです。
また雪が降っています。
種まきを開始する時期なのに、
その気になれずにいます。

2022年1月16日

大芝山

この冬は、3年ぶりに信州らしい冬で
朝はー10℃近くまで下がり
昼間も0℃前後にしかなりません。
積雪量は少ないのですが、
雪がある冬は3年ぶりで
私は安心して
冬を満喫しています。
何故って!?
雪不足は水不足に直結するんです。
今もまだ、すぐそこにあるダムは底が見えているんです。
雨以上に雪が私達の使う水に影響を与えるのです。

田畑に雪が無いと、<動>のスイッチが入ったままになって
<静>に切り替わらない…..。
冬、休むべき時に休まないと
春から思うように動けないのに
動き続けちゃう。
雪が積もっているおかげで
お正月明けからは、心置きなく
ゆっくり過ごしています。

ここ2年、山にも雪がほとんど無かったのですが
この冬はあることを期待して
大芝山から霧訪山への登山に行って来ました。
出発が遅かったし
途中からは雪が深くなったこともあり
霧訪の山頂には行かれなかったのですが、
雪山を楽しんで来ました。



尾根から見える北アルプス。
常念岳が綺麗で、近いうちに絶対に登りたい山の1つです。



登っている時は曇っていたけど、
尾根を歩いている時は少し晴れて、
鳥の鳴き声と雪の中を歩く音だけがして
気温は0℃に届いてないと思うんだけど
冷たい風が気持ち良くて…..。

20代は海外に行くことで
想像を超えた知らない世界を楽しんでいたけれど
今は山に同じものを感じています。
山は、信州は面白い。

あけましておめでとうございます。

年賀状を作成することなく、新年を迎えてしまいました。
今年は書面でのご挨拶をすることなく時間が流れていきそうなので、
ネット上のご挨拶で失礼いたします。誠に申し訳ありません。

まずは年末のご報告から。
5月から飼い始めて、溺愛している岡崎おうはんの
ぴ〜さん達。
クリスマス前から卵を産み始めました。
寒い時期ということもあり、
日に1個か2個、産まない日もあります。
もっと暖かくなって、安定して産むようになったら
販売も考えていこうと思っております。







生後7ヶ月になり、個性がはっきりし、見分けがつくようになって
名前もつきました。
写真左から、ボス、はな、黒、白、です。
ネーミングにセンスが無いのは承知の上ですので
ご勘弁下さい(笑)。

お味噌を作る為と、ぴ〜さん達のご飯にする大豆。
これの脱穀作業をガレージで行っておりました。
足踏み脱穀機で脱穀し、
手作業で豆を選別しているのですが
終わる気配がありません(笑)。



私の体は過労になると
歯茎が腫れてしまうのですが、
この脱穀作業でその状況になり
かかりつけの歯医者に行き、安静を言い渡される始末。
年を取ったんだな〜。
やりたい事と体のバランスを考えながら
物事を進めて行かなくてはね。

1月2日は猟友会の新年の慰霊祭に参加して来ました。







-10℃まで下がった朝でしたが、
神聖な瞬間でもありました。
殺生は楽しいことではありません。
心が痛みます。
でも、この地で農業をするには
バランスを保たなければ営めません。
全滅することは望んでいません。
そんな思いを込めて手を合わせました。

3日の今日は東京で親、兄弟、甥っ子、息子と
新年の挨拶をして来ました。
両親は85を過ぎました。
コロナで2年会っていなかったので
久し振りに全員集まり
両親がより老けた事と
甥っ子達が大人になったことで
時間が流れたことを感じて来ました。
それにしても、移動に往復8時間、
滞在は2時間って、辛いわ〜。
妹から貰ったお年賀のお酒がこちら。



八海山の原酒で仕込んだ梅酒。
ヤバイ、もうすぐ空になっちゃう(笑)。
お正月ですからね。
その位は許して貰おう。

もう少しブログを更新しよう。
今年もそう思う年始であります。
皆様どうぞ、今年も宜しくお願いいたします。

2021年11月23日

ご宿泊に関して

大きな声で言えないのですが
11月になってから
こっそり宿泊業を再開しております。
春から農業優先で過ごして来ましたが
ここに来て、コロナが落ち着いて来たこともあり
ちょっとだけ再開しております。
ただ、 HPの予約フォームなどは見直しをしなければならないのに
着手しておらず、
こちらが機能するのは来年になってからだと思います。
申し訳ありません。
また、ご宿泊をお受けできるのは
リピーターさんか、
リピーターさんからご紹介いただいた方に
限らせていただいております。
誠に申し訳ありません。
なんせ私には
化学物質過敏症と電磁波過敏症があるので、
お客様にあれこれお願いしなければならないことが多いのが
大きな理由です。
やっぱり初対面の方には
お願いし辛いものなんですよね、こんな私でも。
宿泊をご検討くださる方が
柔軟剤や香料の強い洗濯石鹸から
例えば サラヤさんのHappy Elephantや
生活クラブの針状石鹸とか
洗濯マグちゃんなどでお洗濯したお洋服でいらしていただけたら、
私は本当にhappyです。

今、蕪と菊芋が一押しです。
例年より最低気温が高いので
まだまだ野菜の甘みは乗ってこないのですが、
それでも美味しい〜!!
野菜が一番美味しいのは
これから年末までだと思っております。
霜にあたり、寒さに負けないよう
糖分を蓄えた野菜を是非御賞味下さい。
薪ストーブで焼く<焼き芋>も絶品です。
猪は、どうかな〜(笑)。
今度の年末年始は
ご予約頂ければ営業致します。



皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。

2021年11月20日

猟友会デビュー

夏に取得した狩猟免許。
狩猟解禁に伴い、今日、猟友会の集まりがあり
初めて参加して来ました。

川島に住んで20数年。
男性しかいない中に参加し続けましたが、
猟友会はその最後になるんだろうな。
朝、集合場所の猟師小屋へ行くと、
私を迎え入れるお兄さん達の方が緊張している(笑)。
仲良しの正美さんが、私を皆さんに紹介して下さり、
そこから少しずつ、皆さんは心を開いて行って下さいました。

今日の作業は罠を国有林内に仕掛けること。
いくつかのグループに分かれ、
それぞれが獣道….
主に猪が歩いて出来た道を探し、
そこに罠を仕掛けて行きます。
私は正美さんの軽トラに乗せて貰い
一から教えて貰いました。
急な斜面を登り下りし、罠を仕掛けて行きます。





ひとチーム、10個の罠を仕掛け、猟師小屋に戻ったのはお昼。
朝から仕込んでくれていた
猪汁が待っていました。







でっかい猪の肉がゴロゴロ入っているんだけど
これが滅茶苦茶美味しい!!
隣に座っているお兄さんが、猪肉の扱い方や作り方を教えてくれる。
「次はナイフを持って来い!肉の捌き方を教えてやる!」
と、ありがたいお声がけも。

猪汁を食べ終わると流れ解散だったけど、
「よし、次行くぞ!」
と、他の山に罠を仕掛けに行く方から
有無も言わせず同行を促される。
猪の痕跡だらけの山で
色々、教えてくれながら、
あっという間に3つの罠を仕掛けてしまう。
さすが、お見事!

私はまた、面白い世界を知ってしまった。
もう、東京には戻れないな〜。
改めて、そう思った猟友会デビューでした。

2021年10月13日

今朝のご飯

あきたこまちの新米を白米で。
お味噌汁は原木のなめことわかめ、油揚げ。
紫かぶのぬか漬けと
大根の葉っぱを栗茸と炊いて。
納豆は2杯目のご飯に乗せました。
夜中から雨。
旬の恵みで遅い朝食。



今日も良い1日に。

昨日から、野菜の発送を少し再開しました。
秋のニューフェイスを紹介します。

まずは菊芋。




野菜のソムリエを取得する時、
戦前は食べられていたけど、
戦後は豚の餌になり、現在は食用になっていないことを知り、
なんとか復活させたいと思った菊芋。
今は健康ブームに乗って、人気が出た野菜です。
めでたし、めでたし。
掘って、山の湧き水でさっと洗ってお届けいたします。
届いたら芋同士を擦り合わせて洗って下さい。
それでも落ちない土は包丁で取って下さい。
皮は剥かずに
1センチくらいに切って、素揚げにし、塩を振れば
手が止まらない美味しさです。
私のお勧めはポタージュ。
野菜の発送時にポタージュのレシピを同封いたします。
菊芋は今年最後まで発送いたします。


こちらは木曽紫かぶ。
お味噌汁も良いけれど、
豆乳か牛乳でシチューにすると色が映えます。
まだ霜が降ってないのでイマイチですが、
霜に当たってから漬ける、漬物は最高です。



カーボロネロと言います。
イタリア、トスカーナ原産のキャベツです。
最初に作った時、どうやって食べれば良いのかわからずにいたら、
宿泊のお客様がトスカーナに頻繁に行かれるそうで
わざわざ現地の取引先の方に食べ方を聞いて下さいました。
細めの千切りにして、
オリーブオイルとニンニクで炒め、塩、胡椒で味を整えます。
これをトーストに乗せるのが現地スタイルらしいですが、
そのままでも十分美味しい。

写真を撮り損なったのですが、
生落花生も始まりました。

今は<ふるさと納税の返礼品>のみで
精米した新米の発送作業が終わったら、
<ポケットマルシェ>でも販売を再開いたします。
またお知らせいたしますので、
その時はどうぞ宜しくお願いいたします。

1 2 3 4 5 63
Copyright(C)2016 Tsukinomori All Rights Rezerved.