仙人堂

  • 宿泊予約
  • facebook

農家民宿月のもり


BLOG

2021年5月23日

ヒヨコが来た!

4年前から、鶏を飼いたい、卵をやりたいと言い続けて来ました。
ちょっと時間がかかったけど、
沢山の方のお世話になって
やっとヒヨコが届きました。



10年くらい前までは、いつも鶏がいたのです。
最後の子が死んでから時間が空いた1番の理由は餌。
一般的な市販の餌は、
遺伝子組み換えのトウモロコシが主体。
これはもうあげたく無い。
こだわりの餌をあげている生産者さんは沢山いらっしゃるけど
どうするのが一番いいのか、
ずっと考えて来ました。
出した答えをやっと形にすることができました。
<岡崎おうはん>の5羽が卵を産み始めるのはもう少し先の話なので
もう少しお待ち下さいね。
これから沢山コミュニケーションをとって、
終生、「鶏に生まれて良かった」と思えるパートナーでありたいと思います。

2021年5月12日

カエルの池

私の住む集落は、2年間田んぼが1枚も無かった。
その間、カエルは繁殖の場を失い
雨が降るとアスファルトに出来た水溜りに産卵することさえあった。
当然、こんな一瞬の水溜りでは
カエルにまで成長することは出来ない。
見るに見かねて、私の借りている1枚の畑は
水が沸いているので、
そこに運び込んだけど
無事にオタマジャクシになれたのか、
確かめようが無かった。

去年の畑は虫の被害が酷かった。
種を撒いても、撒いても、
葉っぱを食べ尽くされてしまった野菜がいくつもあった。
20年前の農地には
カエルやカマキリ、肉食性の蜂が至る所にいたのに
最近はどれもほとんど見ることが無くなってしまったのも
原因の一つだろう。
虫が増えたのではなく、食物連鎖が狂ってしまったのでは…..。
そう、カエルを見なくなったから、蛇も見なくなった。
農薬を使わない農業を営む者として、
これは何とかしなければ。

2年耕作されていなかった、元田んぼをこの春からお借りした。
田んぼだったから、水を引くことが出来る。
カエルに帰って来て貰わなくちゃ。



トラクターで土を起こしてもらい、
代掻きをしてもらい、水を入れた。
早速カエルは産卵してくれた。





すると、今朝は様々な鳥もやって来て、
蛇もやって来ていた。





様々な生き物の命の営みが
わずか数日で
見える形で廻り始めた!
なんて嬉しい。
ここ数年、夜になるとリビングの窓ガラスに
雨蛙がへばりついて、
集まって来た虫を食べる光景を見ていないが
今年は見れるといいな〜。

20年前の源上(住んでいる集落の名前)を取り戻したい。
本気で誰かがバカにならないと
一見見渡す限りの自然豊かな光景も
自然破壊に歯止めが効かない。
宿の仕事を縮小してでも
私はかつての自然を取り戻したい。

さて、次の取り組みは鶏ですよ。

<月のもり>は旅館と一般食堂、仕出し屋の許可を取得し
営業しておりますが、これらの更新が近々あります。
6日に保健所の方が現場の確認にいらっしゃるので、
今日、明日は大掃除をするために
甥っ子の入学祝いの集まりをキャンセルしたのだ。
なのに起きたら
まだ雨が降っていないのを良いことに
半日、畑で作業をしてしまった。
更に今、こうやって現実逃避でPCに向かっている。
甥っ子と妹に懺悔しなくちゃ…..。

<月のもり>のキッチンは、最悪なことに
扉の付いている棚が一つもなく、
全てステンレスのラックなので、
ラックの上に乗っているものや
窓辺にぶら下がっている小鍋やカップ、レードル等を
全て、客間に移動させたければならない。
つまり
キッチンにある、ほとんどのものを大移動させるのである。
以前、意味がわからん、と憤慨していたら、
東京の高級ホテルの厨房でも
同じことが行われていて
使っていない客室に全部運び込むと聞いて
少し、許せる気になったのだが
やらねばならないことが大変な作業であることに
変わりはない。

毎年の確定申告にしろ、
数年毎の食品営業許可の継続にしろ
仕事をするって言うのはホント、
避けて通れない面倒が付き纏う。
それでも、
どちらもリセットの機会になっているので
世の中に無駄なことはないと
捉えるようにしよう。

写真は畑のハウスに植えた長ネギとカマキリの卵。



一度は姿を全く見なくなってしまったカマキリですが、
ここ数年、少しずつ戻ってきてくれました。
以前のように、カマキリがいて当たり前になる日を夢見ている。

さぁ、現実に戻って、キッチンに入ろう。

2021年4月2日

農業、開始

もう昨日になっちゃったけど、
4月1日は毎年、農業を本格的に始める日。
今日はジャガイモの畝を作って、
植える作業を始めました。





原木栽培の椎茸も大きくなり始めました。



気温が高すぎる3月が終わり、
今度の週末以降は
例年の気温に戻ると天気予報が言う。
異常気象が当たり前になってしまって、
この先の展開がわかならいけど
どんどん作るよ。

太陽の下で働くのは本当に気持ち良いし、楽しい。
農業と出会えて良かった。

3月になりました。
皆様にご報告があります。
月のもりは3月末をもって
宿泊業を大幅に縮小いたします。

1998年8月、東京から長野県へ移住し
農家民宿、自給自足、オーガニックビレッジ、
そんなキーワードを抱いて、
自分の夢を叶えられる土地を探し、
2002年10月に
月のもりは今の辰野町川島地区の源上耕地で
小さな一歩を踏み出しました。
長野に移住してからは
何処の馬の骨ともわからぬ私の夢を叶えるために
多くの方々に助けて頂き、
宿泊業を始めてからは
都会に住むお客様までも巻き込ませて頂いて
夢を形にしてきたつもりですが
ここ2年の異常気象は
想像を絶するものがあります。
私自身、
移住から20年以上経ち
それだけ年をとった訳で
動き続ける体力と気力が
どんどん衰えて行くこともあり
去年1年はランチをお休みさせて頂きましたが
それだけではとても時間が足りず
宿泊業は以前から私を支えて来て下さった
リピーターさん達と
その方々からご紹介いただいたお客様だけに留め
農作業の時間を大幅に増やして行くことにいたしました。

皆様にお伝えしたいことは沢山あるのですが、
電磁波過敏症の私には
これ以上の長文を書くのは難しいので
農繁期までの間に
何回かに分けお話させて頂きたいと思っております。

どうか今後とも月のもりを宜しくお願いいたします。

2021年1月27日

大豆

去年、ちょっと離れた畑を借りて、大豆を作りました。
1人400グラムずつ4人で植えました。

お借りした畑は石ばかりで
管理機で畝を立てたら壊れてしまいそうで、
ここで本当に作れるのか、心配になる土壌でした。

ところがどっこいこの畑、大豆には居心地が良かったそうで
カメムシを始めとする虫が悪さをしないし、
枝豆は
それこそ、絶品。

この畑に<足踏み脱穀機>と<とうみ>を持ち込んで
大豆と鞘をかき集めた状態で年を越し…..


数日前から大豆を選別する作業に没頭中。

1月末までに大豆の選別作業を終えると決めたので
日々邁進。
2月になったら、この大豆でお味噌を作ります。
一緒に作った香代ちゃんは
全部で14〜15キロの大豆が取れたらしいので、
お味噌以外にも大豆、使いたい放題(笑)。

有機肥料さえも入れず、農薬も使わずに育てたのに
虫の被害をほとんど受けなかった大豆達。
今年もこの畑で大豆を育てるつもり。
更に今年は黒大豆と千石黒大豆もこの畑で作ってみようと思う。

2021年1月21日

冬の月のもり











2021年1月16日

どんど焼き

ブログの書き方を忘れそうなくらい、更新しておりませんでした。
2020年は本当に色々なことがあって
心が折れることもあり、ご無沙汰しておりました。
皆様、お変わりございませんか。

1月最初の投稿は<どんど焼き>。
1年の無病息災を願って、お正月明けに行う行事です。
<月のもり>のある源上耕地では
もうずっと行っていなかったのですが、
住人が若返ったことや、
お仕事で不在なことが多かった人達が参加できることもあって
今年思い切って行うことになりました。
やるとなったら、楽しんで盛り上がってしまうメンバーだし、
天気も気温もこの時期としては恵まれていて
楽しい1日になりました。

まずは公民館の前の雪かきから始まり、
用意した薪を積み上げていくのは山口君のセンスにお任せ。



もうずっと前から公民館にある両眼の入ったダルマを失敬し….



やっぱりダルマがないと、様になりません。
来年はもっとダルマ、欲しいな〜(笑)。

白、黄色(南瓜)、ピンク(ビーツ)、緑(ほうれん草)の
繭玉を作って





お仕事に行ってる住人が帰って来るのを待って
点火!



満点の星空の下、火が暖かくて、
焼いたお餅は美味しいし、
用意したお汁粉と豚汁も止まらなくて、
苦労して作った繭玉を食べるのは一瞬で…..。
鎮火する、夜遅くまで
大人も子供も楽しむことができました。
やっぱりみんなで協力するのは良いな〜。
公民館まで足を運べなかったお年寄りに
焼いた繭玉を届けたのですが、
<限界集落>の定義をとっくに超えてしまった
源上の将来が明るく感じたそうで、
とても喜んでくれて、さらに嬉しい。
大丈夫だよ。
安心してね。
私よりもっと若い住人は
源上のことが大好きで、伝統を引き継ぐことを
喜んで引き受けてくれる人達だから
将来は安泰だよ。

お陰様で
良い一年のスタートを切ることができました。
今年も色んなことがありそうな予感。
でも、大丈夫。
持って生まれた強運と(笑)
助けてくれる友人知人に恵まれているから
また掛け替えの無い1年になるんだ。
冬の間、やれずにいた断捨離と
調べたいことや、本を読んで学ぶ時間を確保しよう。
異常気象の異常さが半端じゃ無いけど
美味しい農作物を作れる技術を得ていきたい。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2020年9月21日

稲刈り

19日、最高の天気を見方にして稲刈りを行いました。
本当は20日も行うはずだったのですが、
お世話になっている正美さんが、
奥様と奥様のお姉様という戦力を引き連れて、
1日で終わるように動いてくれちゃいました。

今回の稲刈りで大活躍したのは、前日入りしてくれた<わっつ>。





稲刈りが始まる前に、田んぼの周りグル〜っと1周、
手で刈って、稲刈りきを入れるのですが、
手刈り作業に始まり
稲刈り機も担当し、
<おにぎり>も人生で初めて作ってもらった(笑)。
田んぼに力で男になる。
今回は男っぷりを遺憾無く発揮してくれました(笑)。

コンバイン刈りが主流になって、
稲刈りで人が集まる光景も珍しくなってきているし
はぞに干す光景も減ってきて
秋の風物詩はちょと味気ない。
<便利を一つ手に入れると、何かを一つ失う>
という持論があるんだけど、
稲刈りがコンバインになることで失うものは
一つなんかじゃないと感じている。
集まってきてくれる仲間がいる限り
私は手で干して行きたいと思う。



直前まで天気予報がコロコロ変わって、
ハラハラしたけど、
お陰様で絶好の稲刈り日和。
2週間くらい干したら
脱穀、精米と作業が進んでいきます。
1ヶ月半も続いた長雨と日照不足を乗り越えたお米たちが
本当に愛おしい。
コロナにも、渋滞にもめげず
集まってくれたメンバー達に心からの感謝を。
夜は今年初めて、お酒の宴。
コロナもあって、集まってお酒を飲む機会もなかったんだよね。
最高に美味しいお酒だったことが、一番のご褒美。

2020年9月5日

枝豆

これが食べたくて生きている、と言っても過言じゃない。



取れたて。最高!!

1 2 3 4 5 60
Copyright(C)2016 Tsukinomori All Rights Rezerved.