ブログ

2015年2月22日

りー君の笑顔

この週末、私は大きな物をいただきました。

宿泊のお客様はりー君(仮名)、1歳5ヶ月。
あ、勿論、パパとママも一緒です。
予約を頂いた時、ママから食事に関する依頼がありました。
動物性の物、乳製品は摂取していない、
砂糖やみりんも摂取していない。
小麦と油も摂取していない。

おおお!!
久し振りにきましたね〜。
動物性の物を摂取しない、とか
砂糖を摂取しない、は、
マクロビ、ビーガン対応の月のもりにとって、
珍しい話ではありませんが、
小麦と油もですか〜。
ここまでくると、通常のメニューでは対応出来ないので、
1から組み立てることになります。
久し振りに頭の体操。

まずはマクロビの料理本をちょっと眺めたんですが、
改めて見直すと、
マクロビって、油の使用量が多いですね〜。
あまり動物性の物を摂取しない分、
穀類と油でお腹を満腹にする感が強いと感じました。
ビーガンだって、油、凄い。
ああ、これは自分の中にしまってある、原点に戻らなくては。

かつて息子はアレルギーが凄まじくて、
市販の物は勿論、自然食品屋の物でさえ、
かなり吟味しなければならず、
結局、何でも1から手作りするのが基本でした。
おまけに息子は摂取できる油の量が少なかったので、
油無しで調理が当たり前の時期もありました。
あの頃の記憶を呼び戻さなくちゃ。

献立を立て終えた頃から、
私は1歳5ヶ月の息子に再会している気分でした。
この年齢の時、息子と初めてバリに行ったので、
特に印象に残っているのです。

待ち合わせの<かやぶきの館>で初めて会った時から、
りー君は私になついてくれて、
沢山の笑顔を見せてくれました。
それだけでも嬉しいのに、
食事をしている時の笑顔と言ったら!
子供はお世辞も裏表も無いですからね。
満足していることが伝わってきました。
ああ、良かった。

今回お料理を提供して、自分も食べて、
最近私の料理はゴテゴテし過ぎじゃないか?
と思ってしまった…..。
私の料理は、まず野菜の味、
その為には野菜作りに、力を注ぐべきではないのか?
洗っただけ、
茹でただけ、
塩を振っただけ、
それでもあんな満面の笑顔を見せてもらえる、
生産者であることが
一番の課題ではないのか?

りー君と一緒に過ごしたおかげで、
私は息子と過ごしたバリでの時間を思い出し、
独身の時にはリアルに感じる事が出来なかった、
生きて行く為に、本当に必要な物、
本当に大切なこと、
バリで悟ったことも、思い出すきっかけとなり、
これから始まる農作業に、パワーを貰う事ができました。
この時期に来てくれてありがとう。
おばちゃん、りー君の笑顔を見る為に頑張るよ。
そして、バリで一人で頑張る息子、
君が色々教えてくれたこと、本当に感謝するよ。
色んなことがリンクし、
がっちり、パワーをいただいたこの週末。
ああ、もう雪は良いです。
早く畑、やりたい!!
今シーズンの野菜にご期待下さい!